052-682-4155 愛知県名古屋市熱田区大宝3-9-10

お知らせ

相続税を試算してみませんか?⑩

2015-03-18

皆様こんにちは。

税理士法人さくら 相続・事業承継グループの津谷です。

今回は相続税の試算に当たって考慮すべき生前贈与についてブログを書きたいと思います。

相続などにより財産を取得した人が、被相続人からその相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)に贈与を受けた財産があるときには、

その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。

3年以内贈与加算とも言われます。

つまり亡くなった日前3年以内に贈与された財産については相続財産と同様に

税額を計算します、といった内容です。

死亡日時点で預金残高を減少させておいてもその減少した行為が贈与と認定されれば

それは相続財産と同様に扱われますのでご注意ください。

次回は相続税の試算の中でも金額的に大きなウエイトを占める配偶者の税額軽減について書きたいと思います。